情報収集の考え方

情報は抱え込まない

自分自身の努力で情報を集めることはとても大切なことです。しかし、それだけでは、集められる情報の量や質に限界があります。この限界を打破するための有効な方法が、他の人との間で積極的に情報を交換することです。


目的に応じて情報ソースを選ぶ

情報は様々な手段により集めることが出来ます。また集めた手段の違いにより情報の性格や内容も違ってきます。インターネット、書籍、雑誌、新聞など、目的とする情報が得られる媒体を適切に選ばなければなりません。


情報収集に手間をかけない

情報収集の本当の目的は、集めた情報を生かして何らかのアクションを取ることにあります。情報収集に時間を取られすぎて、アクションの時間が取れないとしたら本末転倒です。出来るだけ効率的な情報収集を心がけなければなりません。


何のための情報収集か?

情報を集める時は何のために情報を集めるのか、その集めた情報を何に使うのかをよく考えなければなりません。この当たり前のことを忘れている人が多いので要注意です。