情報収集の考え方

目的に応じて情報ソースを選ぶ

情報は様々な手段により集めることが出来ます。また集めた手段の違いにより情報の性格や内容も違ってきます。インターネット、書籍、雑誌、新聞など、目的とする情報が得られる媒体を適切に選ばなければなりません。


そもそも、集めたい情報の内容や目的に応じて情報ソースが変わってくるのは、ある意味当然のことと言えるかもしれません。媒体が変われば情報の性格が変わってくるのです。


即時性を重要視する時はインターネットを主に利用します。即時性はある程度おいておいても、物事の原理・原則を重視した普遍的な情報を集めたい時は、主に書籍から情報を収集します。また、実践に即した、本当に役に立つ情報というのは、人伝いに集めた方がいいかもしれません。


要は、自分の集めたい情報の性格や目的により、情報ソースを慎重に選ばなければならないということです。

2006年09月12日 22:52