情報収集ソフトを使う

Headline-Readerを使う

メーラーと同じようなインターフェースを持つRSSリーダーです。画面がメーラーとそっくりなので、まるでメールを見るような感覚で、RSS情報を発信しているサイトの更新情報のチェックを行うことが出来ます。


画面は主に四つの部分に分かれます。


Headline-Reader起動画面
Headline-Reader起動画面


■左上:サイト一覧

■左下:サイトのプロパティ

■右上:記事の一覧

■右下:Web表示エリア


チャンネルを追加するには、対象のサイトを表示した後、「追加」ボタンを押すだけの簡単操作です。RSS情報の定期取得(定期更新)や記事の自動削除も可能です。


また、RSSに対応していないサイトの更新情報を取得することも可能です。この写真では分かりにくいかもしれませんが、mixi(みくしぃ)のマイミクシィに登録している人の日記を自動取得しています。


Headline-Readerは、私(管理人)愛用のRSSリーダーです。


RSSリーダー Headline-Reader


Headline-Readerはシェアウェアで高機能ですが、一部の機能を省いたフリーソフトのHeadline-Reader Liteもあります。


Headline-Reader Liteはフリーソフトですが、RSS情報の定期取得(定期更新)や記事の自動削除などの基本的な機能は備えています。初めてRSSリーダーを使用する人は、こちらの方がいいかもしれません。


RSSリーダー Headline-Reader Lite

2006年09月13日 23:03