アナログツールを使う

紙の情報は茶封筒で整理

パソコンから情報をプリントアウトして紙の形で保管することも多いと思います。そのような時に頭を悩ますのが紙の形になった情報の整理方法です。実は、プリントアウトされた情報の整理は茶封筒を使うととても簡単に行うことが出来ます。


その整理方法とは、書類や資料などを茶封筒に入れて、茶封筒の端に中に入れた書類や資料のタイトルを書きます。そして、その茶封筒を本棚に並べます。


いってみれば、タダこれだけなのですが、いくつか注意点があります。


・資料は分類せずに、最小単位で茶封筒に入れる

・使った資料は、本棚の右端か左端かのどちらか一方の予め決めた方に必ず戻す


そうすることによって、資料や書類が自動的に使用頻度順に並びます。


実際にやってみた感想なのですが、書類や資料などの検索時間が劇的に短くなります。しかも、資料を分類しないので、整理に要する時間も短くなります。書類であふれていた机の上が一気にキレイになりました。


詳しくは次の書籍をご覧になってみて下さい。


「超」整理法1 押出しファイリング
野口 悠紀雄
中央公論新社 (2003/05/23)
売り上げランキング: 38,898


「超」整理法〈2〉捨てる技術
野口 悠紀雄
中央公論新社 (2003/07)
売り上げランキング: 47,420

2006年09月14日 22:28